プロフィール

スキル・人脈・お金ゼロの元サラリーマン / WordPressでWEB制作 / ライバルが少ない田舎で生活 / 複数のスキルを組み合わせる / ゼロからスタートして月30万円稼ぐ / サラリーマンや駆け出しのフリーランスを応援 / ブログ100日連続更新 / 継続のコツについては無料noteで→https://bit.ly/3gzPqvE

レンタルスペース

【レンタルスペースのポータルサイト】スペースマーケットの評判とは?

2021年9月7日

悩んでいる人
レンタルスペースを運営したいけど、スペースマーケットに登録するのはどうなの?手数料が高いらしいから心配なんだよなぁ。

 

こんな方におすすめ

  • これからレンタルスペース運営を始めたい
  • レンタルスペースのポータルサイトを探している
  • スペースマーケットの評判が知りたい

 

この記事では『スペースマーケットの評判』について紹介します。

メリットとデメリットを理解して、スペースマーケットを登録する目安にしてください。

 

すぎにい
ぼくは本業でWeb制作のエンジニアをしています。また、副業でレンタルスペースを運営しています。

 

【レンタルスペースのポータルサイト】スペースマーケットとは?

スペースマーケットとは、レンタルスペースのポータルサイトです。

貸し会議室やパーティースペースなど、使用したい人と貸したい人をマッチングするサービスです。

 

スペースマーケットの掲載者は全国に12000件を超えていて、初期費用や掲載手数料は発生しません。

手数料が発生するのは予約が成立した場合だけなので、気軽に掲載できるのが良いですね!

 

スペースマーケットのメリット

まずはスペースマーケットを利用するメリットを3つ紹介します。

 

スペースマーケット3つのメリット

  • サポートが充実している
  • レンタルスペース運営のマニュアルが用意されている
  • パーティースペースは集客しやすい

 

サポートが充実している

スペースマーケットは掲載者に向けたサポートが充実しています。

そのため、初心者でも安心してレンタルスペースが運営できるのが魅力です。

 

たとえば、掲載者向けのオンラインセミナーなども開催するときがあります。

不明な点はスペースマーケットに聞けるので安心ですよね。

 

パーティースペースは集客しやすい

スペースマーケットの利用者で、最も多いのがパーティースペースです。

そのため、パーティースペースの運営者は必ず登録しておいたほうが良いでしょう。

 

パーティースペースの中でも、さらにオシャレな女子会などに利用される場合が多い。

そのため、女性をターゲットにする方が良いでしょうね。

 

レンタルスペース運営のマニュアルが用意されている

スペースマーケットでは、レンタルスペース運営するためのマニュアルが用意されています。

レンタルスペース初心者にとって、最初は不安な部分が多いので安心できる材料ですよね。

 

たとえば、掲載ページ作成のコツやトラブル対策など、ブログ記事になっているから分かりやすくなっています。

スペースマーケットに登録すれば無料で読めるため、ぜひ目を通してください。

 

 

スペースマーケットのデメリット

スペースマーケットのメリットを伝えましたが、じつはデメリットもあります。

 

スペースマーケットのデメリット

  • 手数料が30%かかる
  • アプリが重い
  • ダンススタジオの集客はイマイチ

アプリが重い

スペースマーケットでスマホ用のアプリはあるのですが、非常にアプリの動作が重いです。

そのため、途中で止まったりパスワードを入れ直すという減少が起こります。

 

ぼくの場合は、外出先でパスワード入力を求められたのですが、パスワードが分からずログインできませんでした。

そのため、急な対応ができなくなる可能性があるため、ブラウザでも使用できるようにした方が良いでしょう。

 

ダンススタジオの集客はイマイチ

先ほど、パーティースペースの集客に最適だと言いましたが、ダンススタジオの集客はイマイチだと言えます。

実際にぼくはダンスのレンタルスペースを運営しているのですが、3ヶ月間で予約は1件しか入りませんでした。

もちろん、地域や周囲の環境で変化すると思いますが、あまりダンススタジオの集客には期待できないという実感です。

 

手数料が30%かかる

ポータルサイト全般に言えることですが、手数料が高いというデメリットがあります。

スペースマーケットの場合は30%の手数料が差し引かれるため、利益が70%に減少するのです。

 

そのため、ポータルサイトでの集客に依存するのではなく、リピーターに向けてWebサイトを作成するのをオススメします。

自社サイトを作っておけば、手数料が大幅に削減できるため利益率が上がります。

 

ぼくの場合はWordPressでAmeliaというプラグインを使っていますが、カード決済の手数料は3.6%ほどです。

ですから、リピーターへの訴求としてサイト作成するのはアリですよ。

 

まとめ

今回はレンタルスペースのポータルサイト、スペースマーケットについて紹介しました。

スペースマーケットは手数料が高かったり、ダンススタジオには向かないというデメリットもあります。

 

しかし、掲載者向けのサービスが充実しているというメリットがあります。

ですから、レンタルスペースの初心者でも安心して登録できますよ。

 

ポータルサイトは集客に利用できるツールです。

基本的に初期費用・月額無料で利用できるため、必ず登録しておきましょう!

 

「他のポータルサイトに登録したい!」という方は、別の記事で紹介しているので以下のボタンから進んでくださいね。

関連記事
一目でわかる!レンタルスペースのポータルサイトでおすすめ8社比較
一目でわかる!レンタルスペースのポータルサイトでおすすめ8社比較

続きを見る

 

 

それでは、また!

  • この記事を書いた人

すぎにい

Webエンジニア / 2017年にド素人でWeb業界へ / 元工場勤務の作業員 / 貯金ゼロで嫁から借金 / WordPressでWeb制作 / 30社以上のサイトを制作した実績 / 最高月収100万円 / 2021年6月からレンタルスペースの経営開始 / 初心者でもわかるレンタルスペースサイトの作り方を発信しています

-レンタルスペース