WEBサイト制作

【WordPressを非公開】WP Maintenance Modeプラグインの使い方

2020年6月24日

WP-maintenancemode

悩んでいる人
「ホームページを非公開にしたい。 サイトが完成するまでは、誰にも見られたくない。」

 

WordPressで公開状態にすると、誰でも閲覧できる状態になってしまいます。

制作途中のWEBサイトは、人に見られても困りますよね?

そこで、『WP Maintenance Mode』というプラグインを利用してください。

 

 

『WP Maintenance Mode』を設定すると、メンテンスモードに切り替わります。

「現在メンテナンス中です」という表示になるため、一般ユーザーは制作途中のサイトを閲覧できません。

『WP Maintenance Mode』は、私が実際にWEB制作するときによく使っているプラグインです。

 

プラグインのインストール

まずは、『WP Maintenance Mode』をインストールします。

ダッシュボードから、【プラグイン】の【新規追加】を選択します。

 

検索バーに『WP Maintenance Mode』と入力してください。

あとは、【今すぐインストール】して、【有効化】すれば完了です。

 

『WP Maintenance Mode』の設定

一般

WP-maintenance-mode

基本的に『有効化』して、『設定を保存』するだけで

メンテナンスモードに切り替わります。

 

メンテナンスモードを有効化すると、

サイトの訪問者には、メンテナンス中のメッセージが表示されます。

 

デザイン

デザイン変更

メンテナンス中の文章やデザインを変えたい場合は、

こちらの設定を修正します。

 

モジュール

モジュール

メンテンスの開始から終了予定の時間を設定できます。

予定時間をカウントダウン表示できる機能です。

私は使ったことがありません(笑)

 

ManageBot

Manage Bot

「 もうすぐ再開されるからお楽しみに 」などの会話風で

閲覧者にメールアドレスの登録をうながす機能です。

こちらも正直、使う必要がない機能ですね。

 

GDPR

GDPR

GDPRとは、EUの個人データ保護法を規定する内容です。

EUと取引がない企業は、特に設定する必要はないです。

 

まとめ

『WP Maintenance Mode』は、

サイトを一般ユーザーに表示させたくないときに使います。

設定すれば、「現在メンテナンス中です」の表示に切り替わります。

 

基本的に有効化するだけでも問題ありません。

もし、自分好みにカスタマイズしたいときは、

デザインの変更も可能です

 

あわせて読みたい

ホームページ制作に必要なプラグインについてまとめました。

こちらもよろしければ、あわせてご覧ください。

【ホームページ制作者向け】WordPressでおすすめのプラグイン8選

悩んでいる人「WordPressでホームページを作りたいんだけど、 プラグインって何をつかえばいいんだろう?」   WordPressには、様々なプラグインがあります。 プラグインとは、WE ...

続きを見る

 

 

それでは、また!

  • この記事を書いた人

アラフォーフリーランサーすぎにい

どうも!アラフォーフリーランサーすぎにいです。 サイト管理人について詳しく知りたい方はこちら。

おすすめ記事

オーディブル 1

あなたは最近、読書をしていますか? 『読書したいけど、集中力がないから読めない』 『そもそも本を読むのが苦手や~』 という方もいらっしゃるでしょう。   実を言うと、私も集中力がないので、読 ...

2

「給料が少なくて、いつも金欠状態、家族にも贅沢をさせてやれない。」 「何か副業をして、今の経済状況を早く改善したい。」 そんな感じで、副業に興味を持った方も多いですよね?     ...

ワードプレスでブログ 3

「ワードプレスは、アメブロやライブドアブログよりも検索に強い。」 「ブログはワードプレス一択でしょ!」 と言われても、ブログ初心者にとってはハードルが高いですよね?     私は2 ...

-WEBサイト制作
-

Copyright© すぎにい公式ブログ | 初心者フリーランス講座 , 2020 All Rights Reserved.