ワードプレスの設定

【攻略】ブログ初心者がWordPressをはじめる9つの手順

2020年6月6日

ワードプレス攻略

悩んでいる人
「ワードプレスって、本当にむずかしい」 「サーバー?ドメイン?なにそれ?」 「マジで分からん!誰か助けて~」

 

ワードプレスの設定は、ブログ初心者にとって本当に複雑ですよね?

私はワードプレスでWEB制作をしているのですが、

2017年までWEBとは無縁のサラリーマンでした。

 

 

最初はワードプレスについて、理解できずに悪戦苦闘の毎日でした。

この記事では、私がワードプレスの設定で苦労したポイントを伝えます。

 

ブログ初心者にも分かりやすく、マニュアル形式で説明しますね。

 

目次

第1章 ドメイン・サーバーの登録編

『お名前ドットコム』でドメイン名を入手する

ブログを運営するために、まずはドメイン名を入手する必要があります。

ドメインとは『〇〇.com』や『〇〇.jp』といったWEB上の住所みたいなものです。

 

ドメインを取得するためにドメイン会社に申請します。

私がよく使うドメイン会社は『お名前ドットコム』という会社です。

サイト内の検索バーに希望の文字列を打ち込み、検索をクリック。

画像1

 

 

そして、希望のドメインにチェックを入れます。

『.jp』や『.com』などは一般的なドメインなので料金が高い傾向にあります。

 

この時、すでに取得済みのドメインには【✕】がついているので注意して下さい。

お申し込みへ進む』をクリックします。

画像2

初めて利用する方は『お名前ドットコム』のIDを登録をします。すでにIDを持っている方はパスワードを入力し、ログインします。登録年数を選択し、購入画面へ進めばドメイン名の入手は完了です。

画像3

ワードプレスならば、エックスサーバーが設定しやすい

しかし、ドメインを購入しただけでサイトを運営できるわけではありません。

購入したドメインをサーバーに登録する必要があります。

 

 

サーバー会社はたくさん存在しますが、私のオススメはエックスサーバーです。

理由はドメインの登録後、ワードプレスの『自動インストール』ができる。

だから、初心者にも分かりやすくて操作しやすいです。

エックスサーバーの申し込みはこちら

 

ネームサーバーの変更と設定方法

画像46

 

エックスサーバーにアカウント登録した後は、入手したネームサーバーの変更をします。

ネームサーバーとは、ドメインをどのサーバーで使うか決めるためのアドレスです。

エックスサーバーのネームサーバーはこちらです。

ネームサーバー1 ns1.xserver.jp
ネームサーバー2 ns2.xserver.jp
ネームサーバー3 ns3.xserver.jp
ネームサーバー4 ns4.xserver.jp
ネームサーバー5 ns5.xserver.jp

 

 

他社のネームサーバーを使う場合もグーグルで検索すれば表示されます。

お名前ドットコムのサイトに戻り、『ドメイン一覧』から、

これから登録するドメインを選択します。

画像5

ネームサーバー情報の【変更する】をクリックします。

先ほどのエックスサーバーのネームサーバー情報を入力し、

【確認画面へ進む】ボタンを押します。

これでネームサーバーの変更が完了しました。

 

画像46

 

 

次にエックスサーバーのサーバーパネルへ移動します。

【ドメイン】→【ドメイン設定】をクリックします。

画像6

 

ドメイン設定追加から取得したドメインのURLを入力します。

つづいてサーバーパネルのトップページに戻り、設定対象ドメインを選択します。

画像7

 

【Wordpress簡単インストール】をクリックし、

ブログ名・ユーザー名・パスワード・メールアドレスを入力し、確認画面へ進みます。

画像8

 

確認画面で表記された内容に問題がなければ、

インストールをクリックします。これで、ワードプレスのインストールは完了です。

画像9

 

第2章 ワードプレス管理画面の初期設定

サイトのタイトルとタイムゾーンの設定

サイトのタイトルは、あなたのブログタイトルになる箇所。

また、キャッチフレーズはブログタイトルに対する<h1>タグです。

<h1>タグとは重要なテキストのため、必ず入力しましょう!

<h1>タグについては、こちらの記事でも紹介しています

 

 

WordPressアドレスとサイトアドレスは通常、同じ内容を入力します。

画像36

 

初期設定では、あなたのサイトURLになっているはずなので、そのままでも大丈夫です。

タイムゾーンを東京に選択し、変更を保存します。

画像37

 

パーマリンクの設定

パーマリンクの設定は、私の場合【投稿名】を選択しています。

画像38

 

第3章 ワードプレステーマ編

ワードプレステーマ選びの基準

ワードプレスのテーマ選びは、様々な種類があるので本当に難しい。

また、あなたの好みによっても基準が分かれます。

そこで、3種類の特徴が違うテンプレートを用意しました。

・シンプルで簡単な操作性
・デザインが可愛くて、バランスの取れた操作性
・とにかく、機能とデザインにこだわりたい

 

大まかに分けると上記のような感じです。

では、順番に紹介していきますね!

 

シンプルでカンタンな操作が良いなら『賢威』がおすすめ

『賢威』のメリットは、シンプルなデザインと簡単な操作性です。

「デザインにはこだわらず、とにかくバンバンブログを書きたい!」という方にはオススメのテーマ。

 

基本的にシンプルな操作性なので、余計なことはしなくても大丈夫です。

デザインは、トップページのメイン画像とロゴ画像を入れるだけのシンプルさ。

ブログ運営でデザインにこだわらなければ使いやすいテーマです。

 

 

デメリットはカスタマイズ性がないことです。

自分好みのデザインにしたい人は、あまり向かないでしょう。

 

そして、『賢威』のもうひとつの特徴はSEOに強いことです。

テーマを制作した株式会社ウェブライダーでは、その強みを活かして書籍も販売しているほどです。

シンプルなデザインと簡単な操作性が好みならば『賢威』がオススメ!

『賢威』の公式販売サイトはこちらです

 

『JIN』は初心者向けのワードプレステーマ

『JIN』のメリットはバランスの良い操作性。

初心者にも優しいシンプルな設計になっています。

 

また、デザインはマガジンスタイルになっているので、

ビジュアル的に様々なカテゴリを見せたい方にはオススメです。

 

 

ブロガー界で有名なあのイケハヤさんも実は『JIN』を使っています。

『JIN』のデメリットは、独創的なデザインにはならないことです。

万人向けな設定のため、細かいデザイン、カラーの変更ができない部分があります。

『JIN』の公式販売サイトはこちらです

 

【玄人向け】アフィンガー5はカスタマイズ性がスゴい!

アフィンガー5のメリットは、自由なカスタマイズ性です。

デザインやカラーの設定から、SEO関係投稿記事に関する至るところまで可能。

 

細かいカスタマイズができる完全玄人向けのワードプレステーマです。

アフィンガー5のデメリットは、設定がややこしすぎるところです。

 

 

当サイトもアフィンガー5で制作しているのですが、私も最初はつまづきました。

そのため、WEBが苦手な初心者にはオススメできません(笑)

しかし、一度使い方をマスターすれば、自分好みのテーマになります。

『アフィンガー5』の公式販売サイトはこちらです

 

第4章 ワードプレスのメニュー設定編

まずはカテゴリーを作成

まずは、メニュー画面を追加する前にカテゴリーを作成します。

カテゴリーはメニューの土台となる部分、作成した記事をカテゴリーにひもづけることができます。

ダッシュボードの【投稿】→【カテゴリー】でカテゴリーを追加します。

画像47

 

たとえば、『ブログ』というカテゴリーを作成。

名前の部分に『ブログ』と入力、スラッグはURLに該当する部分なので『blog』とします。

画像48

 

説明は特に記載してなくても大丈夫なので、【新規カテゴリーを追加】で完了です。

同じ要領で自分が作成したいカテゴリーをつくります。

画像49

 

ヘッダーメニューの作成

メニューには、大きく分けると2タイプあります。

1つ目は、ページの上部に表示される一般的なヘッダーメニュー。

2つ目は、ページの下部に表示されるフッターメニューです。

まずは、ヘッダーメニューの作成方法を説明します。ダッシュボードの【外観】→メニューを選択します。

画像50

 

右側にメニュー構造と表示されていて、【メニュー名】をヘッダーと記載。

画面下の【メニュー設定】は使用するワードプレステーマによって異なります。

 

私の場合、ワードプレステーマはアフィンガー5を利用しています。

ここでは、【ヘッダー用メニュー】にチェックを入れてメニューを保存します。

画像51

 

つぎに、【メニュー項目を追加】から、追加したいカテゴリーを選びます。

【カテゴリー】からすべて表示をクリックすると、先ほど作成したカテゴリーが表示されます。

画像52

 

あとは【メニューを保存】すれば、ヘッダーメニューの完成です。

画像53

 

作成したヘッダーメニューをプレビューするとこんな感じです。

画像54

 

お好みでフッターメニューも作成する

つづいて、フッターメニューの作成です。作成の手順はヘッダーメニューと同じです。

【メニュー名】をフッターと記載して、【フッター用メニュー】にチェックを入れます。

画像55

【カテゴリー】からフッターメニューに追加したいカテゴリーを選び、保存すればフッターメニューは完成です。

テーマごとにメニューの設定方法は若干違いますが、基本的な操作方法は変わりません。

画像56

また、固定ページや投稿記事、カスタムリンクなどもメニューに追加できます。

カスタムリンクとは、外部サイトへのリンクです。

 

たとえば、自分が運営する別のブログへのリンクも貼り付けたりできます。

URLの欄にリンクを記載して、リンク文字列に任意の名前を入力。あとは、メニューに追加すれば良いだけです。

画像57

 

第5章 ウィジェット編

WordPressのウィジェットとは?

ウィジェットとは、固定の位置に特定の機能を表示させることです。

WEBサイトは通常、4つのパーツに分かれています。

 

ウィジェットは、サイドバー・ヘッダー・フッターに自分好みの機能を置くことができます。

ウィジェットは、それぞれのパーツに分かれていてサイトを組み立てるような感覚です。私のブログでパーツについて、画像を作成しました。

画像39

たとえば、サイドバーに自己紹介ページへの誘導や最新記事のアイコンを並べたりできます。

また、フッター部分にツイッターの埋め込みをすれば、SNSのPRにもなりますよ。

ウィジェットはワードプレステーマによって、機能が変わります。

ワードプレステーマについては、こちらの記事をご覧ください

 

ウィジェットの設定

今回は、『賢威』と呼ばれるワードプレステーマで説明します

まず、ダッシュボードの【外観】から【ウィジェット】を選択。

画像40

 

利用できるウィジェットの一覧が、左側に表示されます。

右側に表示されている『サブコンテンツエリア』が、これから表示させたいエリアになります。

画像41

 

賢威の場合、ウィジェットエリアはサイドバーのみです。

使用したいウィジェットをドラッグ・アンド・ドロップで『サブコンテンツエリア』に移動させます。

たとえば、プロフィールを作成するために『テキスト』を追加してみましょう。

画像42

 

タイトルに『プロフィール』と入力し、あなたのカンタンな自己紹介を記載します。

また、プロフィール画像は『メディアを追加』からはめ込むことができます。

さらに詳細なプロフィールは固定ページを作成すれば、リンクで誘導できます。

画像43

 

ウィジェットの入れ替えと停止

ウィジェットは順番を入れ替えることが可能です。

読者に一番、最初に見てほしい内容を上に移動したり、自由にカスタマイズしてください。

 

やり方はウィジェットを左クリックでドラッグしながら、移動させたい場所で離すだけ。

また、ウィジェットを使用停止にする機能もあります。

画面左下に『使用停止中のウィジェット』と記載されているので、ドラッグ・アンド・ドロップすると使用停止できます。

画像44

使用停止にするメリットは、『今だけ表示させたくない!』という場合に便利。

ウィジェットを削除してしまうと、元には戻りませんが使用停止中に入れておけば復活が可能です。

 

カスタマイズからウィジェットの設定

ワードプレスのテーマによって違うのですが、

カスタマイズ画面からウィジェットを操作できる場合もあります。

たとえば、アフィンガー5というワードプレステーマの場合。

 

【外観】→【カスタマイズ】から、【ウィジェット】を選択すると、直感的な操作画面で修正が可能です。

あなたの使用するテーマによって違うため、マニュアルなどで確認してください。

画像45

 

第6章 プラグイン編

ワードプレス初心者に必須のプラグイン8選

ワードプレスには、『プラグイン』と呼ばれるオプションサービスがあります。

プラグインは、数え切れないほどの種類があり機能も様々です。

 

プラグインは、基本的に無料で利用できます。

プラグインのインストール方法は、ワードプレスの管理画面から行います。

 

【プラグイン】→【新規追加】から、検索バーにインストールしたいプラグインの名前を入力します。

あとは、【今すぐインストール】をクリックし、プラグインを【有効化】すれば完了です。

 

【スパム対策のプラグイン】Akismet Anti-Spam

画像10

『Akismet』は、スパムコメント対策用のプラグインです。

ワードプレスをインストールすると、最初から入っているプラグインのひとつです。

 

ある程度アクセス数が増えると、スパムコメントも増えてきます。

Akismetの設定は英語ばかりのため、少しわかりづらいのが難点です。

しかし、多少、面倒でもスパムコメントを防止するために『Akismet』を導入した方が無難でしょう。

 

【セキュリティ対策のプラグイン】All In One WP Security

画像11

『All In One WP Security』は、セキュリティ対策用のプラグインです。

ワードプレスは手軽にサイトを制作できるのでメリットです。

 

しかし、手軽な反面、セキュリティの甘さがデメリットになります。

ハッカーがログインIDとパスワードを無制限に組み合わせる。

 

自分のログインIDとパスワードが見事に合致してしまうと、サイトを乗っ取られてしまう。

ということが起こり得るのです。

 

 

そこで、『All In One WP Security』を導入すればハッキング防止に役立ちます。

パスワードを3分に5回間違うと、60分間ログイン禁止。

 

誰か他の人がログインすると、メールでお知らせしてくれる機能などがあります。

設定は変更ができるので、自分好みにカスタマイズしてください。

 

『All In One WP Security』の詳しい設定方法については、こちらをご覧ください。

WordPressはセキュリティ対策が弱い?all in one wp securityの設定

 

【バックアップのプラグイン】BackWPup

画像12

『BackWPup』は、バックアップ用のプラグインです。

ワードプレスのデータは、パソコン上に残るわけではありません。

パソコンのハードディスクをいくら探しても、ワードプレスのデータは見当たらないというわけです。

 

もしも、ワードプレスのデータが消えてしまった場合はめちゃ困りますよね?

そこで、『BackWPup』の出番です。

 

ワードプレスのデータが消えてしまった場合、サーバーに自動保存される仕組みになっています。

自動保存の方法は毎日から月に一回など、自分で自由に設定することができます。

 

もしものときのために、『BackWPup』はインストールしておいてくださいね。

『BackWPup』の詳しい設定方法については、こちらをご覧ください。

【BackWPupの使い方】ワードプレスのバックアッププラグイン

 

【記事作成に欠かせないプラグイン】Classic Editor

画像13

『Classic Editor』は、記事作成用のプラグインです。

ワードプレスは元々、ブログ作成のためにつくられたサービスです。

記事を作成しやすいのがウリでした。

 

しかし、ワードプレスは新しいバージョンに変更されました。

ホームページ作成がやりやすい『Gutenberg(グーテンベルグ)』という仕様になりました。

このGutenbergが記事作成には、あまり向かないバージョンなのです。

 

そのため、『Classic Editor』をインストールすれば、前のバージョンで記事作成ができます。

ブログ作成するならば、『Classic Editor』を導入しましょう。

『Classic Editor』の詳しい設定方法については、こちらをご覧ください。

【ワードプレスで記事が書けない】classic editorの使い方

 

【記事装飾のプラグイン】TinyMCE Advanced

画像14

『TinyMCE Advanced』は、ビジュアルエディタ拡張のプラグインです。

ビジュアルエディタとは、記事を作成するときに『太字』や『リンクを貼り付けたりする』機能のことです。

標準のビジュアルエディタは機能が少ない。

 

そのため、フォントのサイズや表の作成などは、HTMLというプログラムを入力しなくてはいけません。

しかし、『TinyMCE Advanced』ならプログラムが分からなくてもオッケー。

カンタンに記事の装飾ができるというわけです。

 

【問い合わせフォームの定番プラグイン】Contact Form 7

画像15

『コンタクトフォーム7』は、お問い合わせフォームを設置するプラグインです。

せっかくブログを書いても、読者からの問い合わせに答えれないと不便ですよね?

『コンタクトフォーム7』は、お問い合わせページを作成できます。

 

また、問い合わせの内容についても自分で自由にカスタマイズできるので試してください。

『コンタクトフォーム7』の詳しい設定方法については、こちらをご覧ください。

【簡単設定】Wordpressでお問い合わせフォームを設置する方法

 

【XMLサイトマップ作成のプラグイン】Google XML Sitemaps

画像16

『Google XML Sitemaps』は、XMLサイトマップ作成用のプラグインです。

XMLサイトマップとは、検索エンジンのクローラがページをクロールしやすいようにするためのものです。

 

カンタンに言うと、検索エンジン用の『地図』をつくって、道案内をしてるといニュアンスです。

XMLサイトマップは、読者は普段、見ることはない部分です。

 

 

しかし、検索エンジンにとっては重要なので、必ず入れるようにしてくださいね。

『Google XML Sitemaps』の詳しい設定方法については、こちらをご覧ください。

【SEO対策に必須】Google XML Sitemapsの設定

 

【SEO対策のプラグイン】WebSub/PubSubHubbub

画像17

『ウェブサブ/パブサブハブバブ』は、SEO対策用のプラグインです。

『ウェブサブ/パブサブハブバブ』をインストールすると、検索エンジンに素早く通知してくれます。

 

記事をアップして、すぐにでもPV数を稼ぎたい人は

『ウェブサブ/パブサブハブバブ』がオススメです。

 

『websub/pubsubhubbub』の詳しい設定方法については、

こちらをご覧ください。

ワードプレスのSEO対策プラグイン【websub/pubsubhubbub】

 

あれば便利なワードプレスのプラグイン2選

ここからは、あれば便利なプラグインを紹介します。

必ずしもインストールする必要はありません。

 

なぜなら、ワードプレスのテンプレートによったら、

すでに付属されている場合もあるからです。

自分のテンプレートに、機能がなければ入れてみてください。

 

【目次作成のプラグイン】Table of Contents Plus

画像18

『Table of Contents Plus』は目次作成のプラグインです。

読者にとって、目次は必須項目です。

 

なぜなら、目次がないと、どこを読んだら良いか分からなくなるからです。

読者を迷子にしては絶対ダメです。

 

『Table of Contents Plus』の設定も自分で変更は可能です。

自動で目次を表示させたり、見出しの前に数字を入れる様に設定できます。

読者が分かりやすいように目次は入れるようにしてください。

 

【HTMLサイトマップ作成のプラグイン】PS Auto Sitemap

画像19

『PS Auto Sitemap』は、HTMLサイトマップ作成用のプラグインです。

HTMLサイトマップは、読者が記事を見つけやすくするためにあります。

検索エンジン用のXMLサイトマップとは別物。

 

HTMLサイトマップは、1ページの中にどんな記事があるか見れるようにする仕組みです。

読者にとって、記事の見つけやすさは重要です。

 

 

『PS Auto Sitemap』は、読者用の『地図』でサイトの中を道案内するためのものです。

『PS Auto Sitemap』の詳しい設定方法については、こちらをご覧ください。

【ワードプレス初心者向け】PS auto sitemapの使い方

 

第7章 Googleアナリティクス編

Googleアナリティクスの登録

次にグーグルアナリティクスの登録について説明します。

グーグルアナリティクスの登録画面に移動します。

画像28

グーグルアナリティクスの登録はこちらです

 

1.希望の【アカウント名】を入力します。

チェックマークはそのままでオッケーです。

画像29

 

2.【測定の対象】は【ウェブ】、【Apps】、【アプリとウェブ】の3種類あります。

基本的に普通のブログは、【ウェブ】でオッケーです。

画像30

 

3.【ウェブサイトの名前】は、自分のブログ名を記載します。

【ウェブサイトのURL】は、ブログのhttp://より後ろの部分を入力します。

画像31

タブの選択で【https://】と記載されているのは、SLL化している場合が対象です。

自分のブログがSLL化している場合は【https://】を選択しています。

次はブログに適した【業種】と【レポートのタイムゾーン】を日本に合わせます。

 

 

すべての利用規約を確認し、チェックマークを入れて【同意する】をクリックします。

画像32

自分のメール配信については、お好みで選択してください。

これで、アナリティクスの登録は完了しました。

 

【初心者があせる!】トラッキングの設定

アナリティクスの登録は完了しましたが、このままでは使用できません。

なぜなら、『トラッキング』の設定が必要だからです。

『トラッキング』とは、アナリティクスとブログを連携させるためのプログラムです。

画像33

しかし、トラッキングの設定は非常にややこしく、初心者が一番ビビるポイントです。

トラッキングを設定する方法は2つあるので、順番に説明しますね。

 

まず、1つ目はトラッキングコードをテーマヘッダーに入力する方法。

テーマヘッダーとは、ワードプレスのプログラム部分です。

 

やり方は【外観】→【テーマエディター】を選択します。

画面右側の【テーマファイル】から【テーマヘッダー(header.php)】をクリックします。

画像34

【テーマヘッダー(header.php)】を修正する場合、

もしもの時に備えてバックアップを取っておいた方が安全です。

 

Windowsでは、標準で備わっている『メモ帳』を開き、

記載されたコードを全選択してコピー。

メモ帳のデータを保存しておいてください。

 

 

【テーマヘッダー(header.php)】で<head>と記載している箇所があります。

<head>より後ろの行に</head>と記載している箇所があるので、</head>のひとつ上の行を改行。

アナリティクスのトラッキングコードをコピーし貼り付けます。

画像35

【ファイルを更新】をクリックすれば、トラッキングコードが保存されます。

これで、アナリティクスの設定は完了なのでが、ブログ初心者にはちょっと恐いと思います。

 

2つ目の方法は、トラッキングIDでの登録です。

トラッキングIDはテーマファイルへ記載するわけではなく、

短い英数字をある部分に入力するだけです。

 

初心者には、トラッキングIDでの登録をオススメします。

トラッキングIDでの登録について詳しくはこちらをご覧ください。

【Googleアナリティクスの設定】トラッキングIDの使い方とは

 

【覚えるのは3つ】Googleアナリティクスの見方について

やっと、アナリティクスの登録が完了しました。

でも、問題はグラフの見方ですよね。

初心者には、アナリティクスの見方はサッパリ分からないと思います。

 

正直、私もすべて把握しているわけではありません。

でも、全部理解していなくても大丈夫です。

最初に覚えておくべき3つの項目を説明しますね。

 

①ユーザー

あなたのブログに訪れた人数です。

ユーザーと表示された箇所をクリックします。

右上の表記が調べたい期間で、解析したい日付を指定します。

 

②ページビュー数

ブログの記事が見られた数です。

ユーザーに対して、どれだけのページ数が見られたかという基準になります。

ページビュー数を獲得するためには、他の記事へ誘導するための工夫が必要です。

 

③直帰率

読者がすぐにページを離れた割合です。

100%に近いほど、他のページが見られていないということ。

 

先ほどのページビュー数同様、他の記事へ誘導する工夫と文章力が必要です。

また、あわせてグーグルサーチコンソールの登録もしましょう。

 

サーチコンソールは、検索ワードやブログ内で人気があるページも分かるツールです。

検索ワードから読者の悩みを解決するブログ運営を心がけましょう。

グーグルサーチコンソールの登録はこちらから

 

第8章 アフィリエイト編

アフィリエイトの仕組みとは?

アフィリエイトとは、口コミで商品を宣伝することで報酬がもらえるシステムのことです。

読者がブログのリンクから、商品を購入してくれたら収入が入る仕組みです。

アフィリエイトは成果報酬型のため、読者に商品の魅力を伝えるのが大切になります。

 

まず、ブログ初心者がアフィリエイトを始めるためにはASPへの登録をしましょう。

ASPとは、『アフィリエイトサービスプロバイダー』の略。

アフィリエイトのサービス提供者のことです。

 

 

ASPでは、物販やサービスなど多数の商材を取り揃えています。

自分のブログテーマに合った商材を見つけてください。

ASPに登録して、自分のブログに適した案件を探しましょう!

 

まずはアフィリエイトしたい案件探しをしよう!

今回は、A8net(エーハチネット)というASPを例に説明します。

A8netの登録がまだの方はこちらからどうぞ

 

A8netトップページの画面上部、検索バーにアフィリエイトしたい商品名を入力します。

画像20

 

【詳細を見る】で中身を確認し、条件に合っていれば提携申請します。

画像21

アフィリエイトの承認が降りる期間は、取り扱う商品によって異なります。

承認が降りたら、新着承認プログラムに通知されます。

 

【バナーとテキスト】2種類のアフィリエイトを解説

アフィリエイトは、ASPから用意されたリンクを貼り付ける必要があります。

リンクの貼り付け方には、2種類の方法があります。

 

1つ目は、バナーで貼り付ける。

2つ目は、テキストで貼り付ける方法です。

 

バナーとは画像を記事内に貼り付けて、読者が画像をクリックしたら商品ページに飛ぶ方法。

テキストとは文字のことで、文章にリンクを貼り付けて、こちらも読者がクリックしたら商品ページに飛びます。

それでは、アフィリエイトの設定方法について説明します。

 

バナーを貼り付ける方法

アフィリエイトのバナーを貼り付ける方法についてです。

販売したい商品の検索し、【広告リンク】をクリックします。

 

広告タイプを【バナー】に合わせ【広告リンクを表示】を選択。

画像22

 

すると、何種類ものバナーが表示されます。

お好みのバナーを選び、【素材をコピーする】をクリックします。

 

アフィリエイト用のコードがコピーされるのでブログ記事に貼り付けます。

この時の注意点が、必ずテキストモードを選択してください。

画像23

アフィリエイトのリンクコードを記事内に貼り付けます。

バナーの貼り付けは以上です。

 

テキストで貼り付ける方法

じつはアフィリエイトを貼り付けるには、テキストでのやり方がオススメです。

なぜなら、バナー画像を貼り付けると『広告感』が出てしまう。

読者から「これは広告だな。」と思われると、クリックされにくいのです。

 

文章の中にさりげなくリンクを載せる方が好ましい。

そのため、テキストでアフィリエイトする方が良いのです。

 

それでは、テキストで貼り付ける方法について説明します。

商品の検索をして、【広告リンク】をクリックします。

そして、広告タイプを【テキスト】に合わせ【広告リンクを表示】を押します。

 

 

テキストの場合は、あとから文章の変更が可能です。

文章が数パターン用意されていますが、どれを選んでもかまいません。

 

そして、【素材をコピーする】でコードをコピーします。

テキストモードで、アフィリエイトリンクを貼り付けます。

画像24

 

文章を変更したい場合は、ビジュアルモードにします。

変更したい文章を左クリックで選択し、編集ボタンを押します。

画像25

 

右側に表示された【リンク設定】をクリックして、設定画面を開きます。

画像26

 

【リンク文字列】に表記されている部分が記事内の文章です。

画像27

【リンク文字列】を変更すると、アフィリエイト部分の文字修正が可能です。

あとは、【更新】を選択すれば文章の修正は完了です。

 

初心者におすすめのASP

ASPには様々なサービス会社がありますが、候補を挙げればキリがないです。

そこで、ブログ初心者が登録するべきASPを紹介しますね。

まだASPに申請していない方は、ぜひ登録してください。

 

アマゾン

誰もが知っている、ショッピングサイト大手のアマゾンです。

アマゾンの商品を個人が紹介できるのは嬉しいですよね。

でも、アマゾンの商品は単価が安かったり、報酬が少ないのが残念なポイント。

 

そこで、おすすめなのが『Amazonオーディブル』です。

『Amazonオーディブル』とは、音声で読書が聞けるサービス。

 

読書が苦手な人でも、聞き流しでできるからカンタンです。

しかも、プロのナレーターが読んでくれるから聞き取りやすい。

 

 

『耳で聞く読書』として、アマゾンが推している商品なのです。

そのため、通常の商品よりも紹介料が高い!

『Amazonオーディブル』について詳しく知りたい方はこちら。

読書が苦手な人にAmazonオーディブルをオススメする3つの理由

 

A8net

今回の記事で紹介したA8netは、メジャーなASPのひとつです。

取り扱っている商品も多く、まず登録しておいた方が良いでしょう。

ちなみにASPの登録は、無料なのでガンガン申請してくださいね。

A8netの登録がまだの方はこちらからどうぞ

 

afb(アフィビー)

afb(アフィビー)もメジャーなASPです。afbには、SelfBと呼ばれる自己アフィリエイトのサービスがあります。自己アフィリエイトは、自分で商品を購入してもアフィリエイト報酬が入る仕組み。

afbで取り扱っている案件で自分が愛用している商品があるならオススメです。

afbの登録がまだの方はこちらです

ACCCESSE TRADE(アクセストレード)

アスセストレードも初心者にオススメのASPです。

アクセストレードのメリットは報酬が1000円以上あれば、無料で振り込んでもらえます。

手数料はアクセストレード側で振り込んでもらえるので、初心者の間は助かりますよね。

 

ただし、アクセストレードは案件ごとの審査が他のASPより厳しい印象です。自分のブログが案件に沿った内容でなければ、すぐに審査落ちしてしまいます。

それでも、やはり振り込み手数料は初心者に嬉しいサービスと言えます。

アクセストレードの登録はこちらです

 

まとめ

長文を読んでくださり、ありがとうございました。

ワードプレスの設定については、ご理解いただけたでしょうか?

 

初心者にとって、ワードプレスの設定は挫折しやすいポイントです。

今回の記事が、あなたのお役に立てれば幸いです。

 

私は3年前まで工場に勤める、ごく普通のサラリーマンでした。

給料も安く、WEB知識もない、会社内の付き合いだけで人脈もまったくありませんでした。

 

会社から給料をもらう以外に、私はお金を稼ぐ方法なんて知りませんでした。

しかし、フリーランスになって様々な経験を積み重ねて、月に30万円は稼げるようになりました。

 

あわせて読みたい

私がフリーランスで経験した内容を記事に詰め込みました。

これから、フリーランスを目指す方やサラリーマンで副業で稼ぎたい人に役立つ記事となっています。

 

有料記事となっていますが、途中までは無料で見れるので、よろしければご覧ください。

→『お金ゼロ・スキルゼロ・人脈ゼロの元サラリーマンが月間30万円生み出した方法

 

 

それでは、また!

  • この記事を書いた人
writer24wic17

アラフォーフリーランサーすぎにい

どうも!アラフォーフリーランサーすぎにいです。 サイト管理人について詳しく知りたい方はこちら。

おすすめ記事

オーディブル 1

あなたは最近、読書をしていますか? 『読書したいけど、集中力がないから読めない』 『そもそも本を読むのが苦手や~』 という方もいらっしゃるでしょう。   実を言うと、私も集中力がないので、読 ...

2

「給料が少なくて、いつも金欠状態、家族にも贅沢をさせてやれない。」 「何か副業をして、今の経済状況を早く改善したい。」 そんな感じで、副業に興味を持った方も多いですよね?     ...

ワードプレスでブログ 3

「ワードプレスは、アメブロやライブドアブログよりも検索に強い。」 「ブログはワードプレス一択でしょ!」 と言われても、ブログ初心者にとってはハードルが高いですよね?     私は2 ...

-ワードプレスの設定

Copyright© すぎにい公式ブログ | 初心者フリーランス講座 , 2020 All Rights Reserved.