個人で稼ぐ方法

フリーランス初心者は必見!自分の価値を1万倍にする方法

2020年8月23日

悩んでいる人
「自分に自信がもてない。フリーランスとしての生き方に迷っている。どうやったら稼げるんだろう?」

フリーランス初心者のうちは、なかなか自信がもてませんよね?

私もフリーランスになったばかりの頃は、なかなか稼げずに落ち込む毎日でした(泣)

 

じつは、キャリアの掛け算をすれば、

『オリンピックのメダリスト級』になれることはご存知ですか?

 

これは、藤原和博さんの『10年後、君に仕事はあるのか?』という本に記載された内容です。

また、ホリエモンの『多動力』でも紹介されています。

今回は、『自分の価値を1万倍にする方法』について紹介します。

 

3つの肩書きを組み合わせて自分をレアカードにする

『自分の価値を1万倍にする』ためには、自分をレアカードにする必要があります。

そのために、肩書きを組み合わせましょう。

 

たとえば、ある分野で1/100の存在になる様なキャリアを積み上げます。

1/100程度だったら、がんばれば手の届く範囲ですよね?

 

そして、別の1/100のキャリアを組み合わせます。

すると、1/100 × 1/100=1/10000の存在になれます。

 

 

さらに1/100のキャリアを組み合わせると、

1/100 × 1/100 × 1/100=1/100万 となり、元より1万倍の希少性を生み出せます。

 

そうすれば、自分をレアカード化することが可能です。

1/100万という数値はオリンピックのメダリスト級なのです。

 

1つのキャリア形成に1万時間かかる

しかし、キャリア形成はカンタンではありません。

『10年後、君に仕事はあるのか?』の中では、

1つのキャリアを形成するために約1万時間かかるとされています。

 

たとえば、一日に6時間、同じ仕事に取り組めば5年間で1万時間を達成します。

そのため、3つのキャリア形成には約15年かかります。

 

 

ただし、努力しだいで期間の短縮もできます。

たとえば、一日の仕事を8時間にすれば、

3年半で1つのキャリアを形成も可能です。

 

キャリアの大三角形を描こう!

キャリアをつくりだすために三角形をイメージしましょう。

まずは1つ目のキャリアを踏み出します。

キャリアの大三角形①

 

 

そして、2つ目のキャリアで三角形の底辺をつくります。

このとき、キャリアの種類は近くても問題ありません。

キャリアの大三角形②

 

キャリアの種類が近いというのは、たとえば、最初に経理の仕事をしていたとします。

そして、転職して税理士や会計士など、前のキャリアと似た職種を指します。

 

 

そして、最後の3つ目は、なるべくかけ離れたキャリアを目指しましょう。

なぜなら、三角形の面積は大きい方が希少性が増すからです。

キャリアの大三角形③

たとえば、前の2つとはまったく違う飲食店の経営だったり、

エンジニアなどもアリですね!

そうすれば、同世代で1人の存在になれますよ。

 

まとめ

3つの肩書きを組み合わせて、オリンピック級の存在になりましょう!

ただし、1つのキャリアを育てるために1万時間かかります。

そして、かけ離れたキャリアを持つほど希少性は高まります。

 

あなたも自分をレアカード化すれば、自信がつきますよ。

 

 

それでは、また!

  • この記事を書いた人
writer24wic17

アラフォーフリーランサーすぎにい

どうも!アラフォーフリーランサーすぎにいです。 サイト管理人について詳しく知りたい方はこちら。

おすすめ記事

オーディブル 1

あなたは最近、読書をしていますか? 『読書したいけど、集中力がないから読めない』 『そもそも本を読むのが苦手や~』 という方もいらっしゃるでしょう。   実を言うと、私も集中力がないので、読 ...

2

「給料が少なくて、いつも金欠状態、家族にも贅沢をさせてやれない。」 「何か副業をして、今の経済状況を早く改善したい。」 そんな感じで、副業に興味を持った方も多いですよね?     ...

ワードプレスでブログ 3

「ワードプレスは、アメブロやライブドアブログよりも検索に強い。」 「ブログはワードプレス一択でしょ!」 と言われても、ブログ初心者にとってはハードルが高いですよね?     私は2 ...

-個人で稼ぐ方法
-

Copyright© すぎにい公式ブログ | 初心者フリーランス講座 , 2020 All Rights Reserved.