WEBマーケティング

【仕事が失敗続きで落ち込む新人くんへ】失敗したときの立ち直り方

2020年2月11日

仕事でミスをすると、ヘコんでしまいますよね?

「なんでオレって、こんなに落ちこぼれなんだろう・・・」

と、自分の出来の悪さに自信がなくなる。

 

実は私も新入社員の頃、まったく仕事ができませんでした。

先輩や上司からは『同期のあいつはできるのに、なぜお前はできないんだ!』

と怒られていました。

 

先輩や上司に怒られるのが怖くて、

いつも、ビクビクしながら仕事をしていました。

 

そんな毎日で、会社に行くのも嫌になっていたのですが、

小さいことにくよくよするな!』という本に出会って変わりました。

 

ひとつ失敗をしただけで、何日も引きずっていた私が、

翌日にはケロッとしているぐらい、立ち直るのが早くなりました。

 

 

今回は、失敗したときの立ち直り方と

失敗を未然に防ぐ方法について教えます。

 

この記事を読んで、あなたも

仕事で失敗したときの立ち直り方がわかれば、

少し気が楽になり、ミスをする回数も減るかもしれません。

 

仕事で失敗するのは当たり前?落ち込む必要なし

そもそも、仕事で失敗するのは、

本当に悪い事なのですかね?

 

仕事で失敗するのは、誰だって嫌です。

 

でも、どんなに優秀な人だって失敗を経験しています。

「自分は、1回たりとも失敗をした事がない」

という人間は存在しません。

 

だから、失敗するのは当然なのです。

 

ましてや、新人で配属されて間もない時に、

失敗を避ける事は不可能だと思います。

 

大事なのは、失敗をしない事ではなく、

その失敗を次に生かせるかどうかです。

 

 

例えば、同じミスを何度も繰り返すと問題がある(笑)

 

でも、失敗した経験を生かし、

同じようなミスをしなくなれば、

その経験は、あなたの血となり肉となっている証拠です。

 

つまり、失敗する事が問題ではなく、

その経験を生かせない人が問題なのです。

 

 

失敗自体が「悪い」というわけではない。

 

頭の中で悩みごとを雪だるまにしない

私も、少し前までは、

「失敗」する度に、自分自身に嫌気が差していました。

 

でも、『小さいことにくよくよするな!』

という本を読む事で、そんな気持ちが吹っ飛びました(笑)

 

 

『小さいことにくよくよするな!』では、

『頭で悩みごとの雪だるまをつくらない』と書かれています。

 

 

当時の私は失敗したことが一日中、頭の中でループする状態。

「今日は〇〇をしてしまった!」「ヤバい!どうしよう!」

このループ状態が精神的に非常に悪く、マイナス思考が膨れ上がってきます。

 

思考の連鎖は終わることなく、心はボロボロになってしまいます。

明日も仕事に行かないといけないと思うと憂鬱で休みがちでした。

 

 

この様なマイナス思考の雪だるまを防ぐには、

一旦『考えるのをやめること』です。

 

 

例えば、家にいるとき『明日、この作業をしないとな・・・』と

考え始めた時点ですでに雪だるまが転がり始めています。

 

そんな時は『あ~、またやってるよ。』と自分に言い聞かせて、

悩みの雪だるまを小さいうちに止めてしまうのです。

 

 

それでも、悩みの雪だるまを止めれない人はスポーツや

趣味に没頭して一旦、思考をリセットするのが良いかもしれません。

 

 

失敗したときの立ち直り方として大事なのは、

「失敗した」という事実のみに、固執しない事です。

 

例えば、「なぜ、失敗したのか?」

という原因にフォーカスすれば、今後の改善に繋げる事もできる。

 

 

仕事の失敗を減らしたいなら、原因を探れ

ここまで読んで、だいぶ「失敗」に寛容になったはずです。

 

でも、人間ですから、

とはいえ「失敗」をしたくないですよね?

 

ですから、仕事の失敗を減らす方法をひとつだけ教えておきます。

 

もし、仕事で何か失敗した場合、

必ず、その「失敗した原因」を探って下さい。

 

 

例えば、あなたが取引先とのメールで、

「復習」を「復讐」と誤字を入力して、

相手に不快な思いをさせてしまったとします。

 

その場合の原因は、何でしょうか?

  • 急いでいたから
  • 確認をしなかったから
  • 誤字だとは思わなかった

 

急いでいたのが原因なら、

落ち着いた状況の時だけ、メール対応をする。

 

確認をしなかったのが原因なら、

毎回、音読しながら5回ぐらい内容を確認する。

 

誤字だとは思わなかったのが原因なら、

それは知識不足からくるものなので、漢字を勉強する。

 

また、誤字脱字をする方は、

注意力が散漫である可能性があります。

 

誤字脱字だけに留まらず、

他の事でも、数多くの失敗をやらかす傾向がある。

 

 

つまり、そういう方は人一倍注意して、

確認作業を行なう必要があるという事もわかります。

 

 

どうでしょうか?

 

失敗した原因がわかれば、上記のように対応策を講じる事ができ、

これから起こり得るミスを未然に防ぐ事もできます。

 

怒られたくないなら、奪う人ではなく与える人になろう

あなたは以下のように考えているかもしれません。

「新人なんだから先輩から丁寧に指導してほしい」

「失敗したら上司にかばってほしい」

 

確かにその気持ちも分かります。

しかし、自己中心的な考えでは先輩や上司は動いてくれません。

この様な人をクレクレ君のテイカー(奪う人)と言います。

 

そして、テイカーとは反対に人のために何か率先して行動する人を

ギバー(与える人)と言います。

 

 

例えば、先輩がコピーを取ろうとしていたら「僕がやりますよ!」と率先して行動します。

すると、先輩は「こいつ、がんばっているな。今度、何かあれば助けてやるか」

という気持ちになります。

 

 

『人のために思いやりをもって行動する』

先に人へ与えることが結果的に自分へ返ってきます。

 

心理学では『返報性の法則』と言います。

ビジネスで成功している人は、『返報性の法則』を意識しています。

 

やらしいけど、まずは自分から先輩や上司に貢献して(与えて)、

恩を売っておけば、失敗した時にあまり怒られないかもしれませんよ。

 

仕事ができないことを人のせいにするな!

自分が仕事ができないのを他人のせいにするのは簡単です。

「上司や先輩のフォローが足りないから自分は仕事ができないんだ!」

 

そんな感じで、責任転嫁して、

あなたが仕事ができないのは周囲の人間のせいにしていませんか?

 

しかし、本当に上司や先輩のせいですか?

 

厳しいことを言いますが、あなたは『仕事ができない』という事実に対して

責任逃れをしようとしているのです。

 

 

自分自身で「責任」を負わないと成長はできません。

 

 

例えば、社内でトラブルが起こった時に上司が

『部下のせいなので、私は責任を一切負いません』

という様な人だったらどんな気持ちですか?

 

正直、そんな上司にはついて行きたくないですよね?

あなたが上を目指したり成長しようと思っているのなら、

責任を認める必要があります。

 

 

もし、あなたが責任を逃れようとしたら理想の上司を思い描いてください。

理想の上司と自分を比較することで、自分を客観的に見つめ直すのが効果的です。

 

まとめ

会社に入ったばかりの新人が、

ひとつの失敗をしただけで、自信喪失する必要はありません。

 

ただし、失敗しても落ち込む必要はないけど、

失敗した事は、きっちり反省するべきです(笑)

 

そうじゃないと、同じミスを何回もやってしまいます。

仕事で失敗するのは確かに怖いし、逃げたくなる気持ちもわかる。

 

 

しかし、だからといって、

その場限りの責任逃れは、あなたの信用を失ってしまいます。

 

人間は失敗から学ぶ生き物です。

失敗を恐れるのではなく、失敗から学んで次に活かすことが重要です。

 

失敗したときの立ち直り方について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

→『小さいことにくよくよするな!』

 

 

私は、この本で、

「失敗」との向き合い方が変わりました。

 

きっと、あなたにも良い変化を起こすはずです。

 

 

それでは、また!

  • この記事を書いた人

アラフォーフリーランサーすぎにい

どうも!アラフォーフリーランサーすぎにいです。 サイト管理人について詳しく知りたい方はこちら。

おすすめ記事

オーディブル 1

あなたは最近、読書をしていますか? 『読書したいけど、集中力がないから読めない』 『そもそも本を読むのが苦手や~』 という方もいらっしゃるでしょう。   実を言うと、私も集中力がないので、読 ...

2

「給料が少なくて、いつも金欠状態、家族にも贅沢をさせてやれない。」 「何か副業をして、今の経済状況を早く改善したい。」 そんな感じで、副業に興味を持った方も多いですよね?     ...

ワードプレスでブログ 3

「ワードプレスは、アメブロやライブドアブログよりも検索に強い。」 「ブログはワードプレス一択でしょ!」 と言われても、ブログ初心者にとってはハードルが高いですよね?     私は2 ...

-WEBマーケティング
-

Copyright© すぎにい公式ブログ | 初心者フリーランス講座 , 2020 All Rights Reserved.